顔脱毛を自己処理する際のデメリット

肌を「削る」ことになる

 

自己処理する場合、まず最もよく取られる手段は
脱毛とはいえないのですけど「剃る」という方法です。

 

しかしこの方法は、ほとんどメリットがありません。
当たり前のことですが翌日にはすぐに生えてきますので
手間がかかってしまいます。

 

そして何より、肌へ与えるダメージが深刻です。

 

顔の肌はデリケートな上、最も「美肌」という点で気をつけたい部分なのに、
たびたび剃るということはそのたびに肌を傷つけてしまうことに
なってしまいます。

 

美肌から遠ざかる方法

 

カミソリで、肌のバリア機能を果たしている皮脂や
角質層を削りとってしまうことになりますので、
肌内部の水分は逃げやすくなってしまいます。

 

その上、外部からの異物は侵入しやすくなりますので
肌荒れなどのトラブルが増えることになります。

 

乾燥と外部からの刺激は、肌を確実に老化させていきます。

 

毛穴が目立つようになる

 

では自分で抜いてしまえばいいのかというと
これもまったくオススメできません。

 

抜いた場合の、毛穴周辺へのダメージは想像以上に大きいです。
短期的には炎症を起こしてしまうことも多いですし、
それが繰り返されると、長期的には色素沈着が起こります。

 

つまり毛穴が黒く目立ってしまうようになるわけです。

 

 

ですので結局、脱毛エステでの施術が
最もおすすめできる方法ということになります。

顔脱毛を自己処理する際のデメリット|顔脱毛学園関連ページ

顔脱毛は脱毛エステがおすすめの理由