エピレ

エピレとTBCの脱毛方法

エピレはTBCがプロデュースした脱毛専門サロンですので、エピレで受けることのできる施術はTBCでも受けることができます。
ただ、逆はそうではありません。

 

脱毛方法を見ると、エピレは光脱毛のみとなっています。
つまり光をムダ毛の黒い色に反応させて、熱を発生させることでムダ毛を処理する方式です。

TBCは2つの方式を採用

ところがTBCはこれに加えて、「TBCスーパー脱毛」という施術も行っています。これは電気脱毛とかニードル脱毛とか呼ばれる方式で、ニードルを毛穴に差し込んで、電気を流すことで一本一本処理する仕組みです。
TBCはエピレと同じ光脱毛と、TBCにしかない電気脱毛を組み合わせることで効率よく脱毛しようとしています。

顔の5部位を脱毛

エピレ/TBCの顔脱毛で施術してもらえる部位ですが、フェイス5脱毛というコースでは、鼻下、あご、額、頬、フェイスラインの5部位となっています。

電気脱毛の場合、痛みが大きい

エピレ/TBCの脱毛の痛みに関してですが、電気脱毛の方を選択するならこれは相当な痛みを覚悟しなければなりません。
光脱毛の方なら大したことはありません。

 

鼻下やまゆ以外はほとんど痛みを感じることがないでしょう。
なぜなら顔はムダ毛が薄いため、光があたっても熱を発生しにくいからです。

産毛の脱毛に注力

光脱毛は産毛には弱いと言われていますが、エピレ/TBCのフェイス5脱毛ではうぶ毛ケアに特に力を入れていますので効果はかなり期待できます。

顔脱毛のメリット

また、産毛を処理することで、肌のトーンアップにつながりますし、ムダ毛がなくなれば毛穴が引き締まって肌のキメが整ってきますし、ニキビなどの毛穴トラブルも減ります。

肌への刺激はある

ただ、もともとニキビがある場合など、その程度によっては施術できないこともあります。
敏感肌の場合も、基本的には施術可能ですが、慎重に様子を見ながら進めていくことになります。

 

施術によってシミができたりすることはありませんが、肝斑が既にできている場合、光を当てることで悪化することもありますので前もってチェックしておくことが必要です。

アフターケア

施術後のケアとしては、「トリプル美肌成分配合ジェル」を使ってのケアとなりますので、ここでも美肌のために役立ってくれます。
単に冷却するだけ、というわけではありません。

脱毛完了までの施術回数・間隔

さて、エピレ/TBCで顔脱毛する場合の施術回数ですが、電気脱毛の場合は基本的に、一度施術したムダ毛は生えてくることはありません。
光脱毛の場合は、同じ部位に何度も施術する必要があります。
一般的には12回程度必要だと言われています。

 

施術間隔は2ヶ月が平均的ですので、12回だと、脱毛完了まで2年かかることになります。

脱毛完了までにかかる費用

12回にかかる費用ですが、フェイス5脱毛4回プランだと48,000円ですので、12回だとその3倍、144,000円ですね。
ただし、特典として4回プランを来店当日に契約すると、フェイス5脱毛2回分と、両わき脱毛回数無制限がついてきますのでお得感が高いです。

顔脱毛のお試しコース

初めての場合はお試しプランとして、「フェイス5脱毛ファーストプラン」というのがあります。
これは施術2回で料金は6,000円ですが、やはり両わき脱毛通い放題が特典としてついてきます。

店舗数が多く、予約が取りやすい

予約の取りやすさについてですが、エピレ、TBCどちらの店舗でも施術を受けることができますので店舗数は非常に多く、予約は取りやすいサロンとなっています。
どれくらい多いかですが、TBCの場合、すべての都道府県に店舗があり、現在は170店舗を超えています。

 

ですので非常にお店が見つけやすいです。
エピレの方は四国地方にはありませんが、全国で30店舗以上展開しています。

 

エピレの施術はTBCでも受けられるので困ることはないでしょう。